外物(読み)ガイブツ

デジタル大辞泉の解説

がい‐ぶつ〔グワイ‐〕【外物】

自分以外の事物。外界の事物。
自我の働きの外にあり、客観的世界に存在するもの。客観的実在。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がいぶつ【外物】

ほかのもの。そとのもの。
〘哲〙 〔「外的事物」の略〕 自我や意識内容に属さない、客観的世界に存在するもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android