外物(読み)ガイブツ

デジタル大辞泉の解説

がい‐ぶつ〔グワイ‐〕【外物】

自分以外の事物。外界の事物。
自我の働きの外にあり、客観的世界に存在するもの。客観的実在。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がいぶつ【外物】

ほかのもの。そとのもの。
〘哲〙 〔「外的事物」の略〕 自我や意識内容に属さない、客観的世界に存在するもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

がい‐ぶつ グヮイ‥【外物】

〘名〙
① 自分以外の事物外界。特に、人間社会の諸事。また、利欲の対象となるものの意にもいう。
※新撰朗詠(12C前)下「栄華は外物、終に須く語るべし老病は傍人豈、知ること得むや〈白居易〉」
※寸鉄録(1606)「外(グヮイ)物をほしくもおもふ心をひきかへて、仁義をほしくおもひもとむれば、外物のほしきことは自然になくなるぞ」 〔韓非子‐解老〕
学で、自我そのものの働きに属さず、客観的世界の中に存在するものをいう。対象。〔哲学字彙(1881)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android