磐坂市辺押羽皇子(読み)いわさかのいちのべのおしはのおうじ

  • 磐坂市辺押羽皇子 いわさかのいちのべのおしはのおうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

記・紀にみえる履中天皇皇子
母は黒媛(くろひめ)。荑媛(はえひめ)。安康天皇死後,皇位をつぐと目されたが,雄略天皇に狩りにさそわれ射殺された。子の億計(おけ)王(仁賢(にんけん)天皇),弘計(おけ)王(顕宗天皇)は播磨(はりま)(兵庫県)にのがれたという。市辺押磐皇子,磐坂皇子ともいい,「古事記」では市辺之忍歯王,市辺忍歯別王などという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android