コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯村英樹 いそむら ひでき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

磯村英樹 いそむら-ひでき

1922-2010 昭和後期-平成時代の詩人。
大正11年6月8日生まれ。はじめ俳句をつくっていたが,戦後,人間解放の喜びの表現手段として詩をえらぶ。昭和38年「したたる太陽」で室生犀星(むろう-さいせい)詩人賞。平成22年10月29日死去。88歳。「歴程」同人。東京出身。山口県立下松工業卒。詩集はほかに「水の女」「いちもんじせせり」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

磯村英樹の関連キーワード島津保次郎兵庫県の要覧愛知県の要覧青森県の要覧秋田県の要覧石川県の要覧茨城県の要覧岩手県の要覧愛媛県の要覧大分県の要覧

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android