コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯禅師 イソノゼンジ

3件 の用語解説(磯禅師の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いそ‐の‐ぜんじ【磯禅師】

静御前(しずかごぜん)の母。鎌倉前期の舞楽の名手と伝えられる。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

磯禅師 いそのぜんじ

?-? 平安後期-鎌倉時代の女性。
讃岐(さぬき)(香川県)の人。「徒然草」によると藤原通憲(みちのり)に男舞をならい,娘の静御前(しずかごぜん)につたえたという。これが男装して男舞をまう白拍子(しらびょうし)の起源といわれる。文治(ぶんじ)2年(1186)吉野から鎌倉に護送される静と同道した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

磯禅師

生年:生没年不詳
平安末期の舞女。源義経の妻静の母。静が召し捕らえられ鎌倉へ送られたとき同道していたことが,「母磯禅師之を伴ふ」と『吾妻鏡』(文治2年3月1日)に記されている。また『徒然草』は,藤原通憲が「いその禅師」に水干,烏帽子のいでたちで舞わせたのが白拍子の起源(225段)というが,鳥羽院時代の「島千歳」「和歌前」を当てる『平家物語』の説などもあり,時代的にはこちらが適切かと思われる。鎌倉初期の『貴嶺問答』に旅のつれづれを慰めるため「磯禅師が第の舞女」を申請したとかかれているから,多くの舞女を抱える女主人だったともいえよう。<参考文献>五味文彦「信西と芸能」(『国文学/解釈と教材の研究』1991年12月号)

(小川寿子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

磯禅師の関連キーワード佐藤継信吉野静江田広基鎌田盛政斎藤友実昌俊平康盛田代信綱湛海坊源有綱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone