コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静御前 しずかごぜん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

静御前
しずかごぜん

鎌倉時代初期の人。京都の白拍子源義経愛妾磯禅師の娘。文治1 (1185) 年兄頼朝と不和になり西国におもむく義経に従って,摂津大物浦から大和吉野山へと行をともにしたが,行く先を案じた義経が,京へ帰らせようと別れたところを捕えられ鎌倉に送られた。頼朝の妻政子は歌舞をよくするというを,鶴岡八幡宮で舞わせた。静は「しづやしづしづのをだまきくりかへし昔を今になすよしもがな」と義経への慕情を歌った。まもなく男子を産んだが,その子は頼朝のために由比ヶ浜で殺された。静はその後京都へ帰されたが,末路は不明。謡曲『二人静』や浄瑠璃義経千本桜』などに脚色されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しずか‐ごぜん〔しづか‐〕【静御前】

源義経側室。母は磯禅師。もと白拍子。義経の京都退去に従ったが吉野山中で別れ、捕らえられた。鎌倉鶴岡八幡宮で、義経を恋う「しずやしず」の歌を舞って人々を感動させた。静(しずか)。生没年未詳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

静御前【しずかごぜん】

源義経(しょう)。生没年不詳。初め京都の白拍子(しらびょうし)。義経に愛され,吉野落ちに従ったが捕らえられ鎌倉に送られた。頼朝夫妻の求めで鶴岡八幡宮前で舞い,義経を恋慕する歌を歌った話は有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

静御前 しずかごぜん

?-? 平安後期-鎌倉時代,源義経の愛妾(あいしょう)。
母は磯禅師(いそのぜんじ)。もと京都の白拍子(しらびょうし)。文治(ぶんじ)元年(1185)源頼朝と対立した義経の都落ちにしたがったが捕らえられ,鎌倉におくられる。頼朝夫妻の求めで歌舞を演じた折,義経を追慕する歌をうたう。義経の子を生んだが殺され,自身はのち放免。その後の消息は不明。後世,能「吉野静」,浄瑠璃(じょうるり)「義経千本桜」などの主題となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

静御前

生年:生没年不詳
鎌倉初期の白拍子。源義経の愛妾。文治1(1185)年11月,義経が兄頼朝と不和になり京都から没落した際,逃避行に同行。雪の吉野山中で別離を遂げたのち吉野山衆徒に捕縛され,翌2年3月,母の磯禅師と共に鎌倉に下向,鎌倉幕府から義経の行方についての尋問を受けた。同年4月8日,鶴岡八幡宮において,頼朝の面前であるにもかかわらず,反逆者義経を恋い慕う歌を毅然と歌った。閏7月29日,義経の男子を出産するが頼朝の命令で殺され,京都に帰る。なお,室町時代の『義経記』は,静に関する説話を増幅した物語として展開しているが,その背景として,静物語を語る巫女など旅をする女性の存在が想定されている。<参考文献>角川源義『語り物文芸の発生』,細川涼一『逸脱の日本中世』

(細川涼一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しずかごぜん【静御前】

平安末期の白拍子。生没年不詳。父は不明。母は磯禅師。源義経の愛妾。1185年(文治1)義経が兄頼朝と不仲になり京より逃脱したとき,静もこれに同行。しかし翌年吉野山で義経と別れたのち捕らえられ,鎌倉に送られて尋問をうけた。同年7月鎌倉で義経の子を出産するが,男児であったため子は由比ヶ浜に沈められ,静は京に帰された。その後の消息は不明。頼朝・政子夫妻の求めにより鎌倉鶴岡八幡宮社前で舞を舞ったとき,義経への恋慕の想いを歌ったことは《吾妻鏡》にみえて有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

静御前
しずかごぜん

生没年不詳。源義経(よしつね)の妾(しょう)。磯禅師(いそのぜんじ)の女(むすめ)で、もと京都の白拍子(しらびょうし)であった。義経が京都堀川第(ほりかわだい)で兄頼朝(よりとも)の刺客土佐房昌俊(とさぼうしょうしゅん)に襲われたとき、機転によって義経を助けた。以後、義経に従い大物浦(だいもつのうら)(兵庫県尼崎(あまがさき)市大物町)から吉野山に逃れたが、山僧に捕らえられて鎌倉に護送された。鎌倉では義経の所在に関して厳しい訊問(じんもん)を受けたが、静は固く沈黙を守ったという。頼朝の妻北条政子(まさこ)は、静が舞の名手であると聞き、鶴岡八幡(つるがおかはちまん)の神前でこれを舞わせた。工藤祐経(くどうすけつね)が鼓を打ち、畠山重忠(はたけやましげただ)が銅拍子(どうびょうし)を勤めた。静はこのとき、「吉野山峰の白雪ふみ分けて入りにし人の跡ぞ恋しき」「しずやしず賤(しず)の苧環(おだまき)くりかへし昔を今になすよしもがな」と、義経への慕情を歌ったため、頼朝の不興を買ったが、政子のとりなしによって事なきを得た。やがて静は一児を生んだが、頼朝はこれを鎌倉由比ヶ浜(ゆいがはま)に捨てさせた。静を主題とした謡曲に『吉野静』『二人静(ふたりしずか)』があり、浄瑠璃(じょうるり)に『義経千本桜』がある。[鈴木国弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の静御前の言及

【栗橋[町]】より

…60年代後半以降,東京方面への通勤者が増え,人口も増加している。栗橋駅前に静御前の墓がある。【千葉 立也】
[栗橋宿]
 日光道中第7次の宿駅。…

【船弁慶】より

観世信光(のぶみつ)作。前ジテは静御前。後ジテは平知盛の怨霊。…

※「静御前」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

静御前の関連キーワード桐竹 紋十郎(2代目)埼玉県久喜市栗橋中央吉田文五郎(3世)桐竹紋十郎(1世)二人静(菓子)御所桜堀川夜討山室 千代子花柳 有洸山本伊平次木村 薫哉道行初音旅鎌倉まつり野口 達二工藤祐経義経伝説源九郎狐安達清経鞍馬獅子大倉桃郎鈴木鼓村

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

静御前の関連情報