コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会物理学 しゃかいぶつりがくphysique sociale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会物理学
しゃかいぶつりがく
physique sociale

A.コント社会学を呼んだ言葉。欧米諸国における成立期の社会学の特徴は,まず第1に,社会現象を包括的に取扱う総合社会学として形成されたことであり,次に,当時の社会学は自然科学をモデルとして,経験的,実証的手法をそれから取入れたことである。コントが初め社会学を社会物理学と呼んだのは,このことの証左であり,コント,H.スペンサー,L.F.ウォードらが生物学を重視したこともその現れである。特にコントとスペンサーが,社会を有機体との類比においてとらえる社会有機体説をとったのも,自然科学,とりわけ生物学に依拠したためといえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の社会物理学の言及

【ケトレ】より

…彼は主著《人間について》(1835)のなかで,人間および社会の各現象においても物理現象と同じような統計的法則性がみられることを指摘し,大きな影響を与えた。そして統計を用いて,人間および社会に関する精密科学〈社会物理学〉を打ち立てようとし,そのための方法として〈平均人〉の概念を提唱した。また国際統計会議を主唱して,国勢調査を中心とする統計制度の確立に努めた。…

※「社会物理学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

社会物理学の関連キーワード実証哲学講義物理学主義筒井はじめケトレー統計学ケトレ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android