コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

類比 るいひanalogy

翻訳|analogy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

類比
るいひ
analogy

2つ以上の関係や機能が互いに類似していること,およびこの類似に基づいて未知のことを推しはかることをいう。たとえば2の4に対する関係と4の8に対する関係は類であり,太陽の月に対する働きは,ローマ教皇の皇帝に対する働きに類比するとされる。また2:4=4:xから x=8を推測するのも類比である。スコラ学では類似性が客観的に存在する場合のみを類比とし,主観的にのみ存在する場合は比喩と称して前者から厳密に区別する。類比はトマス・アクィナスによって存在の類比 (→アナロギア・エンティス ) として詳細に理論化され,神認識に適用された。近世以後の科学でもたとえば原子構造が太陽系の構造から類比されている。類比は他の方法で検証されないかぎり論証としての妥当性をもつことはない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

るい‐ひ【類比】

[名](スル)
比べ合わせること。比較。「日米の住宅事情を類比する」
類推2」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

類比【るいひ】

アナロジー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

るいひ【類比】

( 名 ) スル
くらべること。比較。 「両国の国民性を-する」
類推 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

類比
るいひ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の類比の言及

【アナロジー】より

…〈比例〉を意味するギリシア語analogiaに由来する言葉。当初は数学用語だったが,プラトン以後は哲学の分野で用いられ,類推,類比,比論などと訳される。論理学の用語としては〈同義性univocation〉つまり同一の言葉が同一の意味で用いられること(人間,馬,犬などが動物であると言われる場合)と,〈異義性equivocation〉つまりまったく異なった意味で用いられること(ある星座と動物がともに〈犬〉と呼ばれる場合)の中間を意味する。…

※「類比」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

類比の関連キーワードバトラー(Joseph Butler)ピータールーの虐殺ナビヤ・ニヤーヤスペクトル定理光の形而上学ボンファンテキャンペーン社会有機体説ガンゲーシャプラバーカラボヘンスキー海老名弾正線分の比喩カエタヌス生物学主義人間生態学企業城下町社会物理学プシュワラ至福直観

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android