社壇(読み)シャダン

大辞林 第三版の解説

しゃだん【社壇】

神社で、殿舎の位置する区域。
もと中国で、土地の神をまつる祭壇として、土を盛り上げ、上を平らにした所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃ‐だん【社壇】

〘名〙
① 古代中国で、土地の神をまつる壇場として、土を盛りあげ上を平らにしたところ。→社稷(しゃしょく)。〔新唐書‐礼楽志・六〕
② 神をまつったところ。やしろ。社殿。神殿。
※本朝麗藻(1010か)下・海浜神祠〈藤原為時〉「晴沙岸上暮江千、鬱々林蘿陰社壇」
※平家(13C前)七「忽に三所和光の社壇を拝す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android