コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祖父江省念 そぶえ しょうねん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

祖父江省念 そぶえ-しょうねん

1905-1996 昭和-平成時代の僧。
明治38年9月18日生まれ。幼時から浄土真宗の節談(ふしだん)説教僧としての修業をつむ。独特の節回しで親鸞(しんらん)の一代記などをかたり,自坊の名古屋市有隣寺のほか全国各地で,最盛期には年間400回におよぶ説教の会をひらいた。平成8年1月2日死去。90歳。岐阜県出身。本名は省一。自伝に「節談説教七十年」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

祖父江省念の関連キーワード日露戦争史(年表)[各個指定]工芸技術部門ロシア革命ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)岩井俊二長田弘黒沢清小松左京辻邦生セビアン グローバー

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android