コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神保氏 じんぼうじ

世界大百科事典 第2版の解説

じんぼうじ【神保氏】

越中の中・近世武家。上野国多胡郡の出自で,惟宗(これむね)を姓とした。南北朝期に畠山氏に従って京都に上り,畠山基国越中守護職就任にともなって越中にかかわる。1443年(嘉吉3)に神保国宗が守護代としてみえるのが越中での初見史料で,以後,放生津を拠点として婦負(ねひ),射水(いみづ)2郡に勢威を張る。神保長誠(ながのぶ)は畠山政長の執事として,畠山義就に対抗,67年(応仁1)京都上御霊社に挙兵して応仁・文明の乱の口火を切った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の神保氏の言及

【放生津】より

…越中へ入部した宗良(むねよし)親王もここを中心に活動したといわれ,また1352年(正平7∥文和1)南朝方として桃井(もものい)直常と越後の新田義宗の軍勢もここに集結,上洛を図っている。室町時代には守護畠山氏の被官神保氏が越中に入部,のちに守護代となり,放生津を本拠とした。しかし畠山氏の分裂抗争のため,1455年(康正1)家督を継いだ義就派の攻撃で,政長派の神保国宗が放生津城から撤退したこともある。…

※「神保氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

神保氏の関連キーワード射水(市)神田神保町増山城跡今石動城神保氏張富山城白鳥城魚津城多胡氏松倉城神保町増山城

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神保氏の関連情報