神戸弥左衛門(初代)(読み)かんど やざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神戸弥左衛門(初代) かんど-やざえもん

?-? 江戸時代前期の運輸業者。
慶長元年(1596)尾張(おわり)(愛知県)犬山城主石川貞清の代に,湊運上(税)銀1貫200匁と足代木(あじろぎ)1000本を毎年おさめる条件で,木曾川犬山湊の舟・筏(いかだ)の支配を免許される。その特権は12年尾張藩主となった徳川義直の代にもみとめられ,そのころから飛騨(ひだ)・木曾山材の仕出元締も兼業した。名は政元。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android