コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神田厚丸 かんだ・あつまる

朝日日本歴史人物事典の解説

神田厚丸

没年:文政12.10.10(1829.11.6)
生年:生年不詳
江戸後期の戯作者。没年は『洒落本大成』8巻解題による(同書に享年は59歳)。江戸神田鍋町の紙問屋で伊勢屋吉兵衛と称し,寛政末年(1801年ごろ)から享和(1801~04)にかけて洒落本作者として活躍。また狂歌にも小(黄)金厚丸の名であらわれる。尾崎久弥によれば,同時期に山旭亭真葉行と号した洒落本作者も,その作風や活動状況から推して異名同人かという(『洒落本雑記』)。また画技も能くしたようで洒落本のいくつかに画いた口絵は,魚屋北渓風の筆致で十分素人の域を超えている。その作風は,寛政後期の戯作者らしく山東京伝模倣の跡が著しいが,同種のもののなかでは上々の腕前といえよう。

(中野三敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

神田厚丸の関連キーワード鶴屋南北俚言集覧盆栽天満屋Jアダムズ伊沢蘭軒海上胤平瓜生岩エギナ島

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone