コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神田柳渓 かんだ りゅうけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神田柳渓 かんだ-りゅうけい

1796-1851 江戸時代後期の医師,漢詩人。
寛政8年生まれ。医学を小石元瑞(げんずい)らにまなび,文化-文政のころ京都の頼山陽塾の客員となる。郷里の美濃(みの)(岐阜県)岩手村にかえって開業し,かたわら私塾をひらいた。頼山陽,村瀬藤城らと親交があった。嘉永(かえい)4年4月11日死去。56歳。名は充。字(あざな)は実甫。別号に南宮山房。著作に「南宮詩鈔」「蘭学実験」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

神田柳渓の関連キーワード真葛長造ミシンエカチェリーナドニエプロペトロフスクエカテリーナ万葉集略解郷勇和時計リゴレットギュツラフ