コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神谷与平治 かみや よへいじ

2件 の用語解説(神谷与平治の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神谷与平治 かみや-よへいじ

1826-1905 幕末-明治時代の農村指導者。
文政9年10月10日生まれ。安居院(あごいん)庄七に私淑し,稲の正条植えなどの農業技術,二宮尊徳報徳思想の普及につくす。明治20年松島授三郎らと農事研究組織,三遠農学社を設立。明治38年10月17日死去。80歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。名は正信。号は誠翁。著作に「広益伝」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

神谷与平治

没年:明治38.10.17(1905)
生年:文政9.10.10(1826.11.9)
幕末明治期の報徳運動家,農事指導者。遠江国長上郡下石田村(浜松市)の生まれ。名は正信。与平治(7代)は世襲名。5代与平治の第5子、幼名力伝。誠翁と号した。二宮尊徳の報徳思想を遠州地方に伝えた安居院庄七から教えられた報徳思想と農業技術の普及に努め,自らも選種培養法,農用器具を開発し,『広益伝』を著した。明治20(1887)年,松島授三郎らが設立した三河・遠江地方の農事研究・普及機関である三遠農学社設立に加わった。<参考文献>八木繁樹『報徳運動100年のあゆみ』

(海野福寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神谷与平治の関連キーワード岡田良一郎安居院庄七伊藤七郎平岡田佐平治片平信明新村豊作富田高慶名倉太郎馬福山滝助宗像利吉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone