コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

報徳思想 ほうとくしそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

報徳思想
ほうとくしそう

二宮尊徳の教説至誠分度推譲勤労によって道徳と経済を一致させ,富国安民をはかろうとする教え,考え方。この思想に基づいて結成された報徳社は,特に明治末年以後の地方改良運動や昭和初年の自力更生運動一翼として民衆思想善導の役割を果した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

報徳思想【ほうとくしそう】

二宮尊徳の根本思想で,人は天・地・人の徳に報いるために,自ら徳行を実践しなければならないとの考え。財政再建に取り組む上で,経済力に応じた消費支出限度(分度(ぶんど))を守り勤倹節約し,倹約して生まれた余剰を社会公共のために提供する(推譲(すいじょう))生活態度によって,困窮を救うことができると説いた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の報徳思想の言及

【二宮尊徳】より

…晩年は日光神領の立直しの命をうけ,得意の計量的,合理的な策を立てたが業半ばに死去した。農村の生産力に応じて分度を定め,勤倹を説き,その結果としての富を推譲(譲り合う)という社会的行為に導く報徳思想を広めた。主著に《三才報徳金毛録》など。…

※「報徳思想」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

報徳思想の関連キーワード矢田 鶴之助安居院庄七神谷与平治岡田佐平治二宮翁夜話松島十湖西田天香留岡幸助片平信明岡田良平富田高慶斎藤高行藤井静一福住正兄松本喜作

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

報徳思想の関連情報