コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神谷養勇軒 かみや ようゆうけん

1件 の用語解説(神谷養勇軒の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神谷養勇軒 かみや-ようゆうけん

1638-1717 江戸時代前期-中期の武士。
寛永15年生まれ。紀伊(きい)和歌山藩士。「新著聞集」の改編者。藩主徳川宗将(むねのぶ)が江戸四谷にたてた浄土真宗林光寺の施主をつとめた。享保(きょうほう)2年3月24日死去。80歳。本姓は小池。名は朝英。通称は善右(左)衛門。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

神谷養勇軒の関連キーワード真珠庵鷹筑波集新科学対話町奉行備後国田尻なんきん契約アンペアの変更天草四郎板倉重昌烏丸光広

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone