コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神部根〓(“門がまえ”に「牛」) みわべの ねまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神部根〓(“門がまえ”に「牛」) みわべの-ねまろ

?-? 飛鳥(あすか)時代の豪族。
但馬(たじま)(兵庫県)粟鹿(あわが)大神の祭祀(さいし)をつかさどる。斉明(さいめい)天皇(在位655-661)のとき百済(くだら)(朝鮮)救援の戦いに,但馬の民をひきいて参加。帰国後,但馬朝来(あさご)郡の大領司に任命される。庚午年籍(こうごねんじゃく)の作成にも関与したといわれる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

神部根〓(“門がまえ”に「牛」)の関連キーワードあすか豪族

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android