禅衣(読み)ゼンエ

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜん‐い【禅衣】

ぜん‐え【禅衣】

〘名〙 (「え」は「衣」の呉音)
禅僧の着る衣(ころも)。僧衣。
※新撰朗詠(12C前)下「禅衣衲厚うして雲線(いとすち)を蔵(かく)す、寿臈高く来たて雪眉を印せり〈杜荀鶴〉」 〔雍陶‐贈宗静上人詩〕
② 巡礼などが着物の上に着る袖なしの単(ひとえ)。形は羽織に似ている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android