コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福井岩陰 ふくいいわかげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福井岩陰
ふくいいわかげ

長崎県佐世保市吉井にある遺跡。 1960~64年に3次の調査が行なわれ,表土から約 5.75mの深さまで 15層の文化層が認められた。最上層は曾畑式,押型文などの土器片や石鏃が出土し,以下のI~III層からは爪形文土器,細隆線文土器,隆帯文土器とともに舟底形や半円錐形細石刃石核,細石刃,掻器が発見されている。さらに下部の IV層,VII層,IX層,XV層も遺物を出土しているが,土器を伴出しない先土器石器群であった。ラジオカーボンデーティングによれば,II層は1万 2400±350年 B.P.,そして最下層の XV層は3万 1900年 B.P.以上という年代値が出されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

福井岩陰の関連キーワード北松県立自然公園

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android