コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福地常彰 ふくち つねあき

1件 の用語解説(福地常彰の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福地常彰 ふくち-つねあき

1833-1874 幕末-明治時代の武士,士族。
天保(てんぽう)4年生まれ。肥前佐賀藩士。佐賀の乱では弟中島彦助とともに憂国党にくわわり,その幹部となる。敗れて,明治7年4月13日処刑された。42歳。本姓は中島。通称は彦太郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

福地常彰の関連キーワードブルボン朝島津重豪都築弥厚イサベル[2世]しし座流星群カルリスタ戦争工場法天保の飢饉竹尾正胤島義勇

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone