コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福地文乃 ふくち ふみの

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福地文乃 ふくち-ふみの

1901-1984 昭和時代後期の小説家。
明治34年5月15日生まれ。初婚,再婚とも夫と死別。源氏物語を読む会の講師をつとめる。昭和55年「くちべに」を出版。62年遺稿集「電車の中の四季」が中村星湖文学賞特別賞。昭和59年12月12日死去。83歳。山梨県出身。日本女子大卒。旧姓は内藤。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

福地文乃の関連キーワード朝鮮映画NAVI-5(電子制御式自動5段変速機)交通事故正岡子規史籍集覧Dumb Type天宮良吉川晃司ACTIONトヨタMR2

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone