コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福嶋一雄 フクシマカズオ

2件 の用語解説(福嶋一雄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふくしま‐かずお〔‐かずを〕【福嶋一雄】

[1931~ ]野球選手。福岡の生まれ。昭和22年(1947)と翌年の夏の甲子園大会エースとして出場し連覇を達成。特に昭和23年(1948)の大会では、全5試合を完封し45イニングス無失点での優勝を果たした。その後も大学野球社会人野球で活躍し、引退後は日本野球連盟理事や同参与を歴任した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福嶋一雄 ふくしま-かずお

1931- 昭和後期時代のアマチュア野球選手。
昭和6年1月6日生まれ。小倉中学(小倉高)のエースとして,昭和22年選抜中等学校野球大会準優勝,同年全国中等学校野球大会(夏の甲子園大会)優勝。23年全国高等学校野球大会で連覇。24年3連覇を目指した夏の甲子園大会の準々決勝で敗れたとき無意識に足元の土をズボンポケットに入れ,これが「甲子園の土を最初に持ち帰った球児」という伝説をうむ。25年早大にすすみ,13勝をあげて4度のリーグ優勝に貢献。29年八幡製鉄(現・新日鉄住金)に入社,都市対抗野球で活躍。のち日本野球連盟理事・九州地区連盟理事長,同連盟参与などを歴任。平成25年特別表彰で野球殿堂入り。福岡県出身。早大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

福嶋一雄の関連キーワードアマチュアステートアマチュア日本野球連盟アマチュアオケ長船騏郎アマチュア無線の日アマチュア野球菊池康郎世界アマチュア野球連盟アマチュア騎手 (amateur jockey)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福嶋一雄の関連情報