コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福嶋一雄 フクシマカズオ

2件 の用語解説(福嶋一雄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふくしま‐かずお〔‐かずを〕【福嶋一雄】

[1931~ ]野球選手。福岡の生まれ。昭和22年(1947)と翌年の夏の甲子園大会エースとして出場し連覇を達成。特に昭和23年(1948)の大会では、全5試合を完封し45イニングス無失点での優勝を果たした。その後も大学野球社会人野球で活躍し、引退後は日本野球連盟理事や同参与を歴任した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福嶋一雄 ふくしま-かずお

1931- 昭和後期時代のアマチュア野球選手。
昭和6年1月6日生まれ。小倉中学(小倉高)のエースとして,昭和22年選抜中等学校野球大会準優勝,同年全国中等学校野球大会(夏の甲子園大会)優勝。23年全国高等学校野球大会で連覇。24年3連覇を目指した夏の甲子園大会の準々決勝で敗れたとき無意識に足元の土をズボンポケットに入れ,これが「甲子園の土を最初に持ち帰った球児」という伝説をうむ。25年早大にすすみ,13勝をあげて4度のリーグ優勝に貢献。29年八幡製鉄(現・新日鉄住金)に入社,都市対抗野球で活躍。のち日本野球連盟理事・九州地区連盟理事長,同連盟参与などを歴任。平成25年特別表彰で野球殿堂入り。福岡県出身。早大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

福嶋一雄の関連キーワードドイツ映画ダイハツ三輪車第1号車(HA型)谷川岳井上財政満州事変南国太平記艾蕪パプストプラクネット球枕状構造

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福嶋一雄の関連情報