コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福松藤助 ふくまつ とうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福松藤助 ふくまつ-とうすけ

1733-1796 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)作者,俳人。
享保(きょうほう)18年生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)上妻郡福島町の大庄屋。宝暦7年大坂にでて,豊竹座で上演された「曾根崎模様」「岸姫松轡鑑(きしのひめまつくつわかがみ)」などを合作した。12年帰郷し,大島蓼太(りょうた)門下の俳人としても活躍。寛政8年8月15日死去。64歳。姓は松延。通称は甚左衛門。俳号は紫雪庵官蘭,橘雪庵貫嵐。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

福松藤助の関連キーワード中邑阿契浄瑠璃

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android