コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸姫松轡鑑 きしのひめまつくつわかがみ

1件 の用語解説(岸姫松轡鑑の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きしのひめまつくつわかがみ【岸姫松轡鑑】

人形浄瑠璃。時代物。5段。通称《岸姫》豊竹応律若竹笛躬福松藤助浅田一鳥,黒蔵主,並木永輔の合作。1762年(宝暦12)閏4月大坂豊竹座初演。おもな配役は二段目奥を豊竹鐘太夫,三段目詰を豊竹若太夫,四段目詰を豊竹駒太夫その他。人形は時政を若竹東工郎,司姫(つかさひめ)を笠井音五郎,朝比奈若竹伊三郎その他。北条家と源家との紛争を題材とする。三段目詰〈朝比奈上使〉は《御所桜堀川夜討》の三段目切〈弁慶上使〉と《花系図都鑑》の七段目〈舟岡館〉とを取り合わせて趣向をこらした翻案。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone