岸姫松轡鑑(読み)きしのひめまつくつわかがみ

世界大百科事典 第2版の解説

きしのひめまつくつわかがみ【岸姫松轡鑑】

人形浄瑠璃時代物。5段。通称《岸姫》。豊竹応律若竹笛躬福松藤助浅田一鳥,黒蔵主,並木永輔合作。1762年(宝暦12)閏4月大坂豊竹座初演。おもな配役は二段目奥を豊竹鐘太夫三段目詰を豊竹若太夫,四段目詰を豊竹駒太夫その他。人形は時政を若竹東工郎,司姫(つかさひめ)を笠井音五郎,朝比奈を若竹伊三郎その他。北条家と源家との紛争を題材とする。三段目詰〈朝比奈上使〉は《御所桜堀川夜討》の三段目切〈弁慶上使〉と《花系図都鑑》の七段目〈舟岡館〉とを取り合わせて趣向をこらした翻案。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きしのひめまつくつわかがみ【岸姫松轡鑑】

浄瑠璃。時代物。五段。豊竹応律、若竹笛躬(ふえみ)、福松藤助らの合作。宝暦一二年(一七六二)大坂豊竹座初演。北条時政の陰謀に反抗する朝比奈三郎と、源頼朝に滅ぼされた源範頼の娘とを中心にして脚色。三段目「朝比奈上使」が有名。略称、岸姫。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android