コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福永章一 ふくながしょういち

1件 の用語解説(福永章一の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

福永章一

 1884年(明治17年)に牟礼で生まれ、足踏式脱穀機[あしぶみしきだっこくき]を発明した人です。 体温計を作る柏木験温器[かしわぎけんおんき]製造所につとめていましたが、1911年(明治44年)に足踏式脱穀機を開発し、販売をはじめました。しかし、まもなく開発のためのお金が続かなくなったため、特許[とっきょ](発明した人が、そのアイデアを自分だけで使える権利)を他の人にゆずりました。 彼は脱穀機の改良を進めるとともに、他にもいくつかの発明も考えていたのですが、若くして亡くなりました。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福永章一の関連キーワード柳北仙史高松牟礼村青木重義新井角丈歌川芳広松平直致松村務水野忠順毛利教武

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone