コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱穀機 だっこくきthresher

翻訳|thresher

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脱穀機
だっこくき
thresher

稲,麦などの成熟した穀粒を茎の部分から分離するのに用いる農業機械。日本では 17世紀終り頃に千歯と称し,鉄片を櫛の歯状に備えた器具が出現し,これに稲,麦の穂を掛けてしごき,穀粒を採取する方法が行われた。 1910年には足踏式の人力で動かす脱穀機ができ,広く普及したが,その後,動力による脱穀機へと進み,圃場内を移動して収穫,選別を行うコンバインが普及して,脱穀作業の技術水準が向上した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だっこく‐き【脱穀機】

稲・麦などを脱穀する農機具

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

脱穀機【だっこくき】

回転胴に植えた扱(こ)き歯で,稲・麦などの穀粒を穂からとる機械。日本では1910年に山口県の福永章一が回転式脱穀機を発明した。初めは足踏式であったが,大正年代に岡山県の和田又吉の考案によって動力脱穀機が出現,昭和初期には自動脱穀機が急速な進歩をとげ,第2次大戦後広く普及した。
→関連項目唐竿脱穀農業機械農具

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

だっこくき【脱穀機】

稲や麦・豆などの穀粒を穂・枝から取り離す機械。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

脱穀機の関連キーワード殻竿・唐竿・連枷唐竿(唐棹)農業機械工業スレッシャー五十嵐 善孝上野英三郎五十嵐善孝機械化農業軽油引取税トラクタリヤカー千把扱き井関農機動産抵当コーヒー収穫祭セスナ千歯扱扱箸唐箕

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

脱穀機の関連情報