コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱穀機 だっこくき thresher

翻訳|thresher

4件 の用語解説(脱穀機の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脱穀機
だっこくき
thresher

稲,麦などの成熟した穀粒を茎の部分から分離するのに用いる農業機械。日本では 17世紀終り頃に千歯と称し,鉄片を櫛の歯状に備えた器具が出現し,これに稲,麦の穂を掛けてしごき,穀粒を採取する方法が行われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だっこく‐き【脱穀機】

稲・麦などを脱穀する農機具

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

脱穀機【だっこくき】

回転胴に植えた扱(こ)き歯で,稲・麦などの穀粒を穂からとる機械。日本では1910年に山口県の福永章一が回転式脱穀機を発明した。初めは足踏式であったが,大正年代に岡山県の和田又吉の考案によって動力脱穀機が出現,昭和初期には自動脱穀機が急速な進歩をとげ,第2次大戦後広く普及した。
→関連項目唐竿脱穀農業機械農具

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

だっこくき【脱穀機】

稲や麦・豆などの穀粒を穂・枝から取り離す機械。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脱穀機の関連キーワード秋植え稲穂植え髭仮植え鉢植え船底植え毛替先天性欠如歯寄植え

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

脱穀機の関連情報