福田 狂二(読み)フクダ キョウジ

20世紀日本人名事典の解説

福田 狂二
フクダ キョウジ

昭和期の社会運動家



生年
明治20(1887)年6月14日

没年
昭和46(1971)年11月13日

出生地
島根県簸川郡久多美村東福(現・平田市)

別名
別名=福田 素顕

学歴〔年〕
早稲田大学政治経済学部中退

経歴
明治37年平民懇親会に参加し、同年日本労働党を結成。大正3年日本労働党を結成。同年大井憲太郎の普通選挙同盟会に加わる。7年暴行で逮捕され、3年間服役。12年進め社を創立し、「進め」を創刊。昭和2年日本労農党(のち日本大衆党)に参加するが、4年除名され右翼になる。平沼麒一郎に師事、神道の教師となり、名を素顕と改めた。10年「皇道日本」を創刊、戦後は防共新聞社を設立、「防共新聞」を発行し反共運動を展開した。著書に「福田素顕憂国論集」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android