コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福田宗禎 ふくだ そうてい

1件 の用語解説(福田宗禎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福田宗禎 ふくだ-そうてい

1791-1841* 江戸時代後期の医師。
寛政3年生まれ。二宮桃亭に古医方,高野長英に蘭学をまなび,故郷の上野(こうずけ)(群馬県)吾妻郡で開業。長英とともにオランダ人ゲッセルの外科書を「傑氏外科書」として翻訳した。天保(てんぽう)11年12月28日死去。50歳。名は宜。字(あざな)は太忠。号は浩斎。著作に「病名弁疑」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の福田宗禎の言及

【上野国】より

…このほか養蚕指導書《蚕養育手鑑》(1712)を著した馬場重久や渋川の吉田芝渓など農学の先達があり,関孝和が出たので和算も盛んであった。蘭医学では種痘の村上随憲,帝王切開を創始した伊古田純道,脱獄した高野長英をかくまった福田宗禎らをあげることができる。宗教の面では徳川家康が新田義重の菩提のため太田に大光院を開き,世良田の長楽寺に天海を派遣するなど,みずからの遠祖と称する新田徳川氏の供養につとめ,また前橋妙安寺から親鸞木像を東本願寺に遷座させた。…

※「福田宗禎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

福田宗禎の関連キーワード三角了敬阿部古仙恵美玄覧岡了允神戸習悦佐藤圭陰沢田玄良百々俊道松川鶴麿守矢祥庵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone