コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二宮桃亭 にのみや とうてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二宮桃亭 にのみや-とうてい

?-? 江戸時代後期の漆工。
寛政(1789-1801)のころの人。江戸にすみ,医術家業とした。沈金(ちんきん)の技に長じ,孔雀(くじゃく),牡丹(ぼたん)の図にたくみであった。一説に鼠(ねずみ)の歯を刀の代わりにしてほったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

二宮桃亭の関連キーワード福田宗禎漆工寛政

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android