コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福田須磨子 ふくだ すまこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福田須磨子 ふくだ-すまこ

1922-1974 昭和時代の詩人。
大正11年3月23日生まれ。昭和20年長崎で被爆原爆症で入退院をくりかえすなかで原水爆を告発する詩をかき,「原子野」などをあらわした。体験記に「生きる」,「われなお生きてあり」(43年田村俊子賞)がある。昭和49年4月2日死去。52歳。長崎県出身。長崎高女卒。本名はスマ子。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

福田須磨子の関連キーワード昭和時代詩人

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福田須磨子の関連情報