福田須磨子(読み)ふくだ すまこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福田須磨子 ふくだ-すまこ

1922-1974 昭和時代の詩人。
大正11年3月23日生まれ。昭和20年長崎で被爆原爆症で入退院をくりかえすなかで原水爆を告発する詩をかき,「原子野」などをあらわした。体験記に「生きる」,「われなお生きてあり」(43年田村俊子賞)がある。昭和49年4月2日死去。52歳。長崎県出身。長崎高女卒。本名はスマ子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福田須磨子の関連情報