烙印(読み)らくいん

精選版 日本国語大辞典「烙印」の解説

らく‐いん【烙印】

〘名〙 鉄製のを熱して物に押しつけること。また、その印のあと。刑罰として、罪人の額などに行なった。焼印。比喩的にも用いられる。
随筆・好古日録(1797)五二「古升に、宣字印の者あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「烙印」の解説

らく‐いん【×烙印】

鉄製の印を焼いて物に押しあてること。また、その跡。刑罰として、罪人の額などに行った。
[類語]焼き印捨て印契印割り印検印消印合い印合い判朱印証印連判調印印鑑印章印判判子ゴム印スタンプ印形いんぎょう印影社印職印役印公印私印実印認め印三文判拇印

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の烙印の言及

【火印】より

…公示を目的とし,または刑罰の一種として,金属を熱して人,獣の体におすこと,またそれに用いる金属具。焼印,焼判,烙印ともいう。律令制では隋・唐の五刑制度にならって人体に傷を加える肉刑を用いず,刑罰としての火印は行われなかった。…

※「烙印」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android