コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烙印 ラクイン

デジタル大辞泉の解説

らく‐いん【×烙印】

鉄製のを焼いて物に押しあてること。また、その刑罰として、罪人の額などに行った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らくいん【烙印】

火で焼いて物に押し当て、しるしをつけるための金属製の印。また、その印のあと。昔、刑罰として罪人の額などに押した。焼き印。火印。
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の烙印の言及

【火印】より

…公示を目的とし,または刑罰の一種として,金属を熱して人,獣の体におすこと,またそれに用いる金属具。焼印,焼判,烙印ともいう。律令制では隋・唐の五刑制度にならって人体に傷を加える肉刑を用いず,刑罰としての火印は行われなかった。…

※「烙印」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

烙印の関連キーワードミランダ(Francisco de Miranda、ベネズエラの軍人)ヘッケル(Erich Heckel)マクサンス ヴァン・デル・メルシュヴィタリー カネフスキーノルベルト フォラツェンM.v.d. メールスムハンマド・アリー朝バン・デル・メルシュハートフォード会議ドクトル・ジバゴアイトマートフザミャーチンファッルヒー福田 須磨子焼き印・焼印タイーロフキルヒナーウィグマン極印を押すスティグマ

烙印の関連情報