輪島(読み)ワジマ

デジタル大辞泉「輪島」の解説

わじま【輪島】

石川県、能登半島北部の市。日本海にある舳倉島へぐらじま七ツ島を含む。奥能登地方の中心で、西廻り航路寄港地として発展。海運漁業の要地。輪島塗産地。平成18年(2006)2月、門前町合併。人口3.0万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「輪島」の解説

わじま【輪島】

石川県能登半島北部の地名。漁業根拠地であり、高級漆器の輪島塗りの産地。舳倉島(へくらじま)への季節的移住で知られる海士(あま)町がある。昭和二九年(一九五四市制

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「輪島」の解説

輪島

石川県輪島市にある。主要地方道七尾輪島線に沿う。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android