コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輪島塗 わじまぬり

6件 の用語解説(輪島塗の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輪島塗
わじまぬり

石川県輪島市で産する漆器。下地に焼成した粘土粉と生漆 (きうるし) ,姫糊などを混ぜた特殊な地粉 (じふん) を用いるため,堅牢なことで有名。装飾法は蒔絵沈金が行われているが,特に沈金が盛んで,文様を彫るのに小型の丸のみを用いることが多いのも特色の一つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

わじま‐ぬり【輪島塗】

輪島市から産する漆器。江戸中期以後発達。特有の地の粉(こ)を用いた堅牢(けんろう)なもので、沈金(ちんきん)蒔絵(まきえ)、特に沈金を特色とする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

輪島塗【わじまぬり】

石川県輪島市に産する漆器。室町中期,根来(ねごろ)寺の僧の伝授に始まると伝え,現在の技法は江戸前期の寛文年間に始まる。下塗に特殊の地粉(じのこ)を用い,また100回に近い複雑な工程を経るため,堅牢(けんろう)をもって聞こえる。
→関連項目漆器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

わじまぬり【輪島塗】

石川県の輪島市に産する漆器。膳,椀,平皿などをつくる。伝承によれば,応永年間(1394‐1428)に紀州根来(ねごろ)寺の僧が輪島の重蓮寺に来て,寺用の椀類を作ったのが初めといわれる。寛文年間(1661‐73)には輪島特産の地の粉(じのこ)(珪藻土)の発見によって堅牢な下地作りに成功し,輪島塗の名を高めた。加飾技法としては沈金(ちんきん)と蒔絵(まきえ)が主である。沈金の技法は享保(1716‐36)のころ館順助によって始められ,天保年間(1830‐44)には橋本佐助が蒔絵に沈金を併用した綆紗(こうさ)塗を考案した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

わじまぬり【輪島塗】

石川県輪島で産する漆器。下塗りに珪藻土系の地の粉による本堅地ほんかたじを用いるため堅牢なことと、沈金彫りによる装飾を特色とする。江戸中期、館順助により開かれ現代も続く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輪島塗
わじまぬり

石川県能登(のと)半島の輪島で産する漆器。堅牢(けんろう)性に富む日常漆器で、指物(さしもの)・曲(まげ)物木地には強靭(きょうじん)で弾力のある地元産のアテ(。アスナロの変種ヒノキアスナロの林業品種)を使い、挽(ひき)物の椀(わん)木地にも地元産のケヤキを用いる。堅牢を誇る輪島塗は、立木を90度傾けた形で椀をとる横挽き(輪切りにした原木からとる取り方は縦挽き)で、補強のため上縁や高台に布(ぬの)着せを施し、漆の吸い込みや食いつきに優れた特産の地(じ)の粉(こ)(小峰山産出の珪藻土(けいそうど))を下地に用いて塗り重ねるなど、特有の本堅地塗りの技法を駆使している。起源については、応永(おうえい)年間(1394~1428)に紀州(和歌山県)根来(ねごろ)寺の僧が輪島の重蓮寺に下向して器物をつくったのに始まるとされるが、さだかではない。また同地の重蔵(しげくら)神社の棟札(むなふだ)には、文明(ぶんめい)8年(1476)に「小工塗師(ぬし)三郎次郎定吉」が堂の建立に従事したとあり、塗師の存在を示している。能登地方では古くから日常食器がつくられたが、寛文(かんぶん)年間(1661~73)の地の粉の発見が大きな転機となった。
 加飾では沈金(ちんきん)や蒔絵(まきえ)が行われ、とくに沈金は輪島の特色ある技法で、享保(きょうほう)年間(1716~36)漆器業の三笠屋伊平が松前(北海道)から彫刻に巧みな六部(ろくぶ)を伴って帰り、硯箱(すずりばこ)に唐草を彫らせたのに始まる。館順助がこれにくふうを凝らし、さらに息子の雅水が京都で絵を学び、漆器に花鳥などを彫って金箔(きんぱく)を付着する沈金法を考案した。以来今日まで輪島沈金として発達した。重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された沈金作家に前大峰(まえたいほう)(1890―1977)、前史雄(ふみお)(1940― )がいる。
 輪島塗はその生産と販売機構に特色があり、幕藩期には全国にわたって流通した。また地の粉を輪島漆器組合で自製し、組合員以外には公然と販売しない規約があるのも特色といえよう。江戸末期からは生産の分業化が進み、木地の生産から加飾まで、輪島を中心とした近在の町々で分業でつくられ、挽物・指物・曲物の各木地師、塗師、沈金、蒔絵の6職(輪島六職)に分かれた。明治中ごろには朴木地(ほおきじ)(花台、仏具の前机などの複雑な形やカーブした脚などをつくったり、さらに彫刻を施すこと)が指物から分かれ、塗師から変わり塗り(蝋色(ろいろ))が独立して8職に分かれた。また塗師屋が問屋を兼ねる特殊な機構をもち、注文生産を主として、江戸時代にすでに今日のローンにあたる頼母子講(たのもしこう)を設置、競合防止のため全国各ブロックごとに販売担当者を置くなど、堅実な生産体制を築いた。天保(てんぽう)年間(1830~44)には遐福(かふく)講をおこして得意先の不可侵を規定し、1900年(明治33)これを輪島漆器同業組合と改称。46年(昭和21)には輪島市漆器研究所、68年には石川県立輪島漆芸技術研修所を設置し、技術後継者の育成と製造工程の機械化に意を用い、多年研究を続けている。現在も伝統的技法を伝える日本の代表的漆器産地で、輪島塗技術保存会は重要無形文化財(保持団体認定)と伝統的工芸品の二つの指定を受けている。人間国宝には前述2名のほか、(きゅうしつ)(漆塗り)で塩多慶四郎(しおだけいしろう)(1926―2006)、小森邦衛(くにえ)(1945― )が認定を受けている。また重要有形民俗文化財として、輪島漆器商工業協同組合収集の輪島塗製作用具および製品3804点がある。[郷家忠臣]
『張間喜一・古今伸一郎著『輪島漆器』(1976・北国出版社) ▽荒川浩和総論『輪島塗――漆文化の歴史と創造』(1983・京都書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

輪島塗の関連キーワード石川県輪島市海士町石川県輪島市河井町石川県輪島市久川石川県輪島市小杉石川県輪島市里町石川県輪島市塚田町石川県輪島市野田町石川県輪島市堀町石川県輪島市水守町石川県輪島市輪島崎町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

輪島塗の関連情報