コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禿の女歌手 はげのおんなかしゅ La cantatrice chauve

1件 の用語解説(禿の女歌手の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

禿の女歌手
はげのおんなかしゅ
La cantatrice chauve

フランスの戯曲。1幕の散文喜劇。 E.イヨネスコ作。副題は「反戯曲」。 1953年刊。初演 50年5月 11日ノクタンビュール座。演出 N.バタイユイギリスプチブルスミス夫妻の客間でのとりとめのない会話から発して,次第に言葉が解体し,ついに無意味な音節の連続となり,それにつれて登場人物の人間としての統一性も失われていくことを描いた,不条理劇の最初で,しかも最も急進的な作品。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

禿の女歌手の関連キーワードコルネイユセビリアの理髪師シラノドベルジュラック喜劇は終わった幕を引けコペーフランスソワールマンデスフランススペインの時ラクメギトリー父子

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone