コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不条理演劇 ふじょうりえんげきThéâtre de l'absurde

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不条理演劇
ふじょうりえんげき
Théâtre de l'absurde

1950年代にフランスを中心として興った前衛演劇。イギリスの演劇学者 M.エスリンの著書『不条理演劇』 (1961) のなかで定義された概念で,それまでの演劇における反リアリズム的傾向の潮流が到達した一つの頂点といえる。不条理演劇では,第2次世界大戦後の社会は意味を失った混沌世界と認識され,アリストテレス以来の動機づけされた人物設定,論理的なせりふ,首尾一貫した筋という演劇構造を崩し,詩的イメージを用いることによって,コミュニケーションの不可能性,人間存在の不条理性を表現する。代表的作家に,E.イヨネスコ,S.ベケット,A.アダモフ,J.ジュネ,H.ピンター,E.オールビーらがおり,世界の現代演劇に与えた影響は大きい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

不条理演劇

1950年代にフランスを中心に生まれた、サミュエル・ベケット、ウジェーヌ・イオネスコらの前衛劇。この用語を定着させたのは、英国の演劇評論家マーティン・エスリンの著書『不条理の演劇』(61年)。アンチ・テアトル(反演劇)とも呼ばれる。ベケットの「ゴドーを待ちながら」(53年)は、不条理演劇の代表作。日本でも別役実、宮沢章夫らに影響を与えた。

(扇田昭彦 演劇評論家 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふじょうり‐えんげき〔フデウリ‐〕【不条理演劇】

人間の生と死の不合理性をテーマにした演劇。1950年代に出現し、主要な作家としてベケット、アダモフ、イヨネスコらがいる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

不条理演劇の関連キーワードローゼンクランツとギルデンスターンは死んだグラス(Günter Grass)作者を探す六人の登場人物カール ファレンティンマッチ売りの少女ファレンティンアンチテアトルノンセンス文学実存主義演劇アメリカ演劇マラー/サド熱海殺人事件ドイツ演劇ビトラックショインカ動物園物語ルジェビチアルトーアラバル高行健

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不条理演劇の関連情報