コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秀前 ひでのまえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秀前 ひでのまえ

1545-1624 織豊-江戸時代前期の女性。
天文(てんぶん)14年生まれ。竜造寺隆信養女。肥前蓮池城(佐賀県)城主小田鎮光(しげみつ)と結婚したが,鎮光は隆信にそむいて殺される。のち波多親(はた-しん)と再婚。夫が豊臣秀吉の不興をかい流罪を命ぜられると佐賀にかえり,妙安寺をひらいたという。寛永元年7月30日死去。80歳。名は安子。通称は於安。法名妙安尼

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

秀前の関連キーワード宝塚市の汚職事件山登松和八橋検校

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秀前の関連情報