コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秀前 ひでのまえ

1件 の用語解説(秀前の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秀前 ひでのまえ

1545-1624 織豊-江戸時代前期の女性。
天文(てんぶん)14年生まれ。竜造寺隆信の養女。肥前蓮池城(佐賀県)城主小田鎮光(しげみつ)と結婚したが,鎮光は隆信にそむいて殺される。のち波多親(はた-しん)と再婚。夫が豊臣秀吉の不興をかい流罪を命ぜられると佐賀にかえり,妙安寺をひらいたという。寛永元年7月30日死去。80歳。名は安子。通称は於安。法名は妙安尼。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

秀前の関連キーワードコックス寛永ルートウィヒ板倉勝重板倉勝重板倉勝重板倉勝重板倉勝重ソテロ福島正則

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秀前の関連情報