秀前(読み)ひでのまえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秀前 ひでのまえ

1545-1624 織豊-江戸時代前期の女性。
天文(てんぶん)14年生まれ。竜造寺隆信養女。肥前蓮池城(佐賀県)城主小田鎮光(しげみつ)と結婚したが,鎮光は隆信にそむいて殺される。のち波多親(はた-しん)と再婚。夫が豊臣秀吉の不興をかい流罪を命ぜられると佐賀にかえり,妙安寺をひらいたという。寛永元年7月30日死去。80歳。名は安子。通称は於安。法名妙安尼

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秀前の関連情報