コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋の調 あきのしらべ

世界大百科事典 第2版の解説

あきのしらべ【秋の調】

箏,尺八伴奏の歌曲。1918年宮城道雄作曲。小林愛雄作詞。秋の寂しさと乙女へのあこがれをセレナード風に歌う。前奏―歌―間奏―歌の構成。前奏は落葉を,間奏は虫の音を表現。2節の歌はほぼ同じ旋律。日本音階によりつつも新感覚で甘美に歌う。手事(てごと)物形式と3部分形式,掛合とカノン技法,日本的旋律と洋楽的リズム感等々,邦楽と洋楽の諸要素の融合を巧みに取り入れて,画期的な新作といわれ,宮城の出世作となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

秋の調の関連キーワード藤蔭 静枝(1代目)藤蔭 静枝(初代)新日本音楽森田 定子千秋楽

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android