秋丁子(読み)あきちょうじ

精選版 日本国語大辞典の解説

あき‐ちょうじ ‥チャウジ【秋丁子】

〘名〙 シソ科の多年草。本州中部以西の山地の木陰に生える。高さ六〇~九〇センチメートル。茎は角柱形で、葉は長さ七~一五、幅二・五~五センチメートルぐらいの長楕円形で、対生する。秋、青紫色の唇形の花が円錐状の穂となって咲く。葉と茎は駆虫剤、香料となる。漢名、香茶菜は誤用。きりつぼ。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる