コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋山義時 あきやま よしとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋山義時 あきやま-よしとき

?-? 江戸時代前期の武術家。
肥前長崎の人。元和(げんな)-寛永(1615-44)のころ活躍。楊心流柔術の祖。一説に貞享(じょうきょう)年間(1684-88)の人で,清(しん)(中国)の博転に拳法3本,活殺法28種をまなび,捕手303手を考案し楊心流をおこしたという。通称は四郎左衛門。名は別に則重,義昌,義直。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋山義時
あきやまよしとき

柔術楊心(ようしん)流の祖。江戸初期、元和(げんな)・寛永(かんえい)(1615~1644)ころの人。『武術流祖録』では四郎左衛門義時としているが、伝書には四郎兵衛義昌(よしまさ)、義直(よしなお)、則重(のりしげ)とあり、柳清(りゅうせい)先生ともよぶ。肥前(佐賀・長崎県)の人とも松平(浅野)安芸守(あきのかみ)家来ともいわれ、吉田彦右衛門義済に鍼(しん)術(吉田流)を学んだとみられ、殺活、当身の技を取り入れて、多彩な手を考案した。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

秋山義時の関連キーワード大江仙兵衛三浦楊心

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android