コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋山要助 あきやま ようすけ

2件 の用語解説(秋山要助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋山要助 あきやま-ようすけ

1772-1833 江戸時代後期の剣術家。
安永元年11月25日生まれ。神道無念流の初代戸賀崎熊太郎,その弟子の岡田十松にまなぶ。扶桑念流をおこし,のち郷里の武蔵(むさし)埼玉郡箱田(埼玉県熊谷市)をはじめ,飯能,水戸などに道場をひらき,指導した。天保(てんぽう)4年8月25日死去。62歳。名は正武。号は雲嶺。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋山要助
あきやまようすけ
(1772―1833)

近世後期の剣術家。通称要助、諱(いみな)は正武。武州忍(おし)領(阿部播磨守(はりまのかみ))熊谷宿在箱田村(埼玉県熊谷市)の農民の出身。神道無念流戸ヶ崎熊太郎暉芳の門に入り、ついで江戸・神田猿楽(さるがく)町の岡田十松(じゅうまつ)撃剣館に学んだ。1800年(寛政12)常陸(ひたち)多賀郡平潟(ひらかた)村(北茨城市)において十松門下の喜六(大橋平吉)の仇(あだ)討ち事件に助勢するなど、異色の剣客としてその名を高めた。1811年(文化8)郷里箱田に、ついで武州飯能(はんのう)に扶桑館道場を開き、1827年(文政10)53歳のとき、剃髪(ていはつ)して入道雲嶺(うんれい)と号した。1830年(天保1)上毛(じょうもう)佐野の尚志道人(山崎観純)に協力して、同地に郷学「講武堂」を設け、さらに水戸、高崎、伊勢崎(いせさき)にも道場を置いて巡回指導した。また南総の文人篠崎司直や近郷吉見町出身の愚禅和尚(おしょう)(加賀大乗寺43世)とも親交を結び、水戸藩の侍講立原杏所について絵画を学び、墨梅を描くのを得意とした。天保(てんぽう)4年の春、佐野で客死。享年62歳。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秋山要助の関連キーワード岩崎恒固川澄新五郎岸本鍬之助久保克明佐鳥浦八郎高木守富田宮三之助樋口正虎比留間与八吉留渉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone