秋川雅史(読み)あきかわ まさふみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋川雅史 あきかわ-まさふみ

1967- 平成時代のテノール歌手。
昭和42年10月11日生まれ。4歳からバイオリン,ピアノをはじめ,中学3年のとき声楽に転じる。国立音大では中村健の指導をうけ,イタリアのバルマでデリオ-ポレンギに師事。平成10年カンツォーネコンクール第1位,日本クラシック音楽コンクール声楽部門最高位となる。13年「パッシオーネ~復活の歌声」でCDデビュー。17年「威風堂々」発売。18年「千の風になって」(新井満訳・作曲のカバー)が「威風堂々」よりシングルカットされる。同年紅白歌合戦に出場後ブレークし,売上110万枚超とクラシックとしては初めてオリコン年間ランキング1位となった。愛媛県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋川雅史の関連情報