コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋月種殷 あきづき たねとみ

2件 の用語解説(秋月種殷の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋月種殷 あきづき-たねとみ

1817-1874 江戸時代後期の大名。
文化14年6月13日生まれ。秋月種任(たねただ)の次男。天保(てんぽう)14年父の跡をつぎ,日向(ひゅうが)(宮崎県)高鍋(たかなべ)藩主秋月家10代となる。藩校明倫堂の改革,洋式兵制の採用,砲台の築造,砂糖黍(きび)の栽培などをおこなう。明治7年3月18日死去。58歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

秋月種殷

没年:明治7.3.18(1874)
生年:文化14.6.9(1817.7.22)
幕末の日向(宮崎県)高鍋藩10代,最後の藩主。通称栄之助。父は先代種任,母は種任後妻四品中務大輔脇坂安董の娘雅子。30年におよぶ治世は,経済もさることながら,文治に重点が置かれ,武芸遊学の制,藩校明倫堂教授の定年制など,現実的政策を敷いた。弘化1(1844)年,明倫堂に医学館を,嘉永6(1853)年には明倫堂に寄宿舎切偲楼を設けて藩学の振興を,また領内各地に椎木御学を設け,教育の普及を図ったことで知られる。安政4(1857)年編纂の『東匪犯境聞見録』は海外事情への関心の高さを示すものである。明治2(1869)年版籍奉還後,高鍋知藩事となる。<参考文献>『高鍋藩史話』

(後藤重巳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秋月種殷の関連キーワード宮崎秋月種事秋月種長綾部重麗黒田長舒坂田稲太郎鈴木来助堤長発藁谷英孝御崎馬 (Misaki)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone