コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋田静臥 あきた せいが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋田静臥 あきた-せいが

1818-1900 幕末-明治時代の武士。
文政元年10月11日生まれ。陸奥(むつ)三春藩(福島県)藩主秋田孝季(のりすえ)の次男。藩主の兄肥季(ともすえ)の死後,家老としてその子映季(あきすえ)を後見し,藩政をとる。戊辰(ぼしん)戦争では密使をおくって朝廷に帰順をつたえ,会津(あいづ)攻撃にも参加し,藩の存続につくした。明治33年3月14日死去。83歳。名は季春。通称は主税,千柄。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

秋田静臥の関連キーワードサウド家[各個指定]工芸技術部門井上哲次郎フォンタネージ梅暮里谷峨楠里亭其楽増田五郎右衛門グロズヌイ文政

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android