コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋田静臥 あきた せいが

1件 の用語解説(秋田静臥の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋田静臥 あきた-せいが

1818-1900 幕末-明治時代の武士。
文政元年10月11日生まれ。陸奥(むつ)三春藩(福島県)藩主秋田孝季(のりすえ)の次男。藩主の兄肥季(ともすえ)の死後,家老としてその子映季(あきすえ)を後見し,藩政をとる。戊辰(ぼしん)戦争では密使をおくって朝廷に帰順をつたえ,会津(あいづ)攻撃にも参加し,藩の存続につくした。明治33年3月14日死去。83歳。名は季春。通称は主税,千柄。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

秋田静臥の関連キーワード西尾為忠伊木忠澄岩田恵則岡田善長麻見義修川合鱗三熊沢精杉浦梅潭鈴木大田代正道

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone