コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋篠宮妃紀子 あきしののみやひ きこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋篠宮妃紀子 あきしののみやひ-きこ

1966- 平成時代,秋篠宮文仁(ふみひと)親王の妃。
昭和41年9月11日生まれ。学習院大教授川嶋辰彦の長女。学習院大で社会心理学を専攻。秋篠宮とは同大学のサークルで知りあう。平成2年結婚,真子(まこ),佳子(かこ)両内親王,悠仁(ひさひと)親王の母。結核予防会総裁。日本赤十字社名誉副総裁。東京出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

秋篠宮妃紀子の関連キーワード女性・女系天皇をめぐる政府の動き秋篠宮文仁皇位継承前置胎盤

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋篠宮妃紀子の関連情報