コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋篠宮文仁 あきしののみやふみひと

2件 の用語解説(秋篠宮文仁の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

秋篠宮文仁【あきしののみやふみひと】

天皇明仁(あきひと)の第2皇子。幼称礼宮(あやのみや)。学習院大法学部卒,オックスフォード大留学。1990年,川嶋紀子(きこ)と結婚し,秋篠宮家を創設。山階(やましな)鳥類研究所日本動物園水族館協会各総裁。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋篠宮文仁
あきしののみやふみひと
(1965― )

皇族。称号は礼宮(あやのみや)。天皇明仁(あきひと)の第2皇子。昭和40年11月30日生まれ。1970年(昭和45)学習院幼稚園に入園。学習院大学法学部政治学科を経て、イギリスのオックスフォード大学へ留学。ヘビやカエルなどの小動物を飼うのが好きで、ナマズの研究のためタイをしばしば訪問、1986年には山階(やましな)鳥類研究所総裁になった。学習院大では地誌研究会や自然文化研究会などのサークルでも活躍。同大教授川嶋辰彦(かわしまたつひこ)の長女紀子(きこ)(1966― )とはサークル仲間であり、1990年(平成2)6月29日に恋愛結婚して、秋篠宮家を創設。1991年長女眞子(まこ)、1994年次女佳子(かこ)、2006年長男悠仁(ひさひと)が生まれた。皇室における男子の誕生は、秋篠宮以来41年ぶりとなる。[小田部雄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秋篠宮文仁の関連キーワードブライス明仁今上天皇秋篠宮文仁親王幸仁親王皇太子徳仁親王重田保夫天皇明仁黒田清子好仁親王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秋篠宮文仁の関連情報