コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋篠宮文仁親王 あきしののみや ふみひとしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋篠宮文仁親王 あきしののみや-ふみひとしんのう

1965- 天皇明仁(あきひと)の第2皇子。
昭和40年11月30日生まれ。学習院大卒業後,イギリスのオックスフォード大に留学。帰国後の平成2年川嶋紀子(きこ)と結婚,秋篠宮家を創立する。3年真子(まこ)内親王,6年佳子(かこ)内親王,18年悠仁(ひさひと)親王が生まれる。魚類などの生物や自然に関心がふかく山階(やましな)鳥類研究所,世界自然保護基金ジャパン(WWF Japan)などの総裁をつとめる。幼称は礼宮(あやのみや)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

秋篠宮文仁親王の関連キーワード秋篠宮 紀子天皇明仁

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋篠宮文仁親王の関連情報