コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇位継承 こういけいしょう

知恵蔵の解説

皇位継承

皇室典範では、皇位継承者は「皇統に属する男系の男子」と定められ、女子に継承権はない。現在の継承順位は、(1)皇太子、(2)秋篠宮、(3)同悠仁(ひさひと)親王、(4)常陸宮、(5)三笠宮崇仁親王、(6)同寛仁親王、(7)桂宮。皇室では9人女児誕生が続き、秋篠宮誕生以来41年間、男子が生まれていなかったため、典範を改正して女性や母方にだけ天皇の血筋を引く女系の天皇も認めるべきだとの議論が起きた。欧州の王室では英国、オランダ、デンマークが女王で、スウェーデン、ノルウェー、ベルギーでは男女にかかわりなく長子が王位を継ぐ法改正を行った。日本でも過去には8人10代の女帝があり、男子継承に限定したのは明治時代の旧皇室典範から。しかし、歴代女帝はいずれも男系の女子であり、男系男子への中継ぎ的役割にとどまり、男系主義が崩れたことは一度もない。また改正に伴い、多くの難問が出てくる。(1)現存の男子継承資格者との順位づけを男女平等とするのか、男子優先を残すのか、(2)女性天皇の配偶者の扱いをどうするのか、(3)結婚した女子も新宮家を起こし、皇族は大幅に増え続ける、など。小泉首相は2004年12月、私的諮問機関として「皇室典範に関する有識者会議」(吉川弘之座長ら10人)を設置し、同会議は05年11月24日、皇位継承順位を男女にかかわらず長子を優先し、皇族の範囲は女性も含めて結婚後も皇室に残る永世皇族制とする報告書をまとめ提出した。しかし秋篠宮妃紀子さまの懐妊が明らかとなり、法案の国会提出は見送られた。ただ天皇の孫の世代の男子は悠仁親王1人だけなので、典範論議が再燃する可能性もある。

(岩井克己 朝日新聞記者 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうい‐けいしょう〔クワウヰ‐〕【皇位継承】

皇位を承け継ぐこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こういけいしょう【皇位継承】


[古代の皇位継承]
 7世紀末までの皇位継承を《古事記》《日本書紀》によってみると,16代の仁徳天皇まではほとんどが父子間の直系相続であり,仁徳以後持統までは,父子間相続6,母子間1,兄弟間10,姉弟間2,叔父・甥間1,夫婦間2,三親等以上をへだてた相続3の計25例で,兄弟相続が多い。応神・仁徳を境として,皇位継承の原則に大きな変化が起こっているように見える。しかし,父子直系相続は7世紀末以降の天皇のめざした皇位継承法であり,兄弟相続は日本固有の継承法であることからすると,応神以前の直系相続は記紀編纂の過程で作為された可能性が強い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こういけいしょう【皇位継承】

皇位を受け継ぐこと。明治以前は、主として天皇直系の子孫、特に嫡子が継承したが、一定していない。明治以降は皇室典範の規定により、皇統に属する男系の男子が継承する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皇位継承
こういけいしょう

皇嗣(こうし)(皇位継承の第一順位にあるもの)が皇位につくこと。皇位継承の原因(天皇が崩じたときで、生前の退位はない)が発生すると、その瞬間に皇嗣が天皇の地位を取得する(皇室典範4条)。天皇の地位は世襲で、皇室典範の定めにより継承される(憲法2条)。その定めは次のとおりである。皇位継承の資格は、皇統に属する男系の男子に限られ(皇室典範1条)、その順序は、長子継承の順序に従い、皇長子、皇長孫、その他の皇長子の子孫、皇次子およびその子孫、その他の皇子孫、皇兄弟およびその子孫、皇伯叔父(はくしゅくふ)およびその子孫となる。これらの皇族がないときは、皇位は、それ以上で、最近親の系統の皇族に伝えられる(同2条)。皇嗣に、精神もしくは身体の不治の重患があり、または重大な事故のあるときは、皇室会議の議により、前述の順序に従って、皇位継承の順序を変えることができる(同3条)。皇統に属する男系の男子であっても、皇族の身分をもたない者は、皇位継承の資格はない。庶子は皇族の身分も取得できない(同6条)から、皇位継承の資格はない。[池田政章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の皇位継承の言及

【皇室典範】より

… 王位継承については,憲法みずからが具体的に定めるベルギー,オランダなどの型と,憲法は基本原則のみを定め詳細を〈王位継承法〉などにまかせるスウェーデン,デンマークなどの型とがあるが,日本は後者の類型に属する。現行法は,皇位継承資格・順位,摂政となる資格・順位,天皇・皇族の身分・特典,皇室会議などについて定めているが,旧法にあった元号制定,神器の継承,大嘗祭に関する規定は存在しない。ただし,女帝の否定(皇室典範1条)や生前退位の否定(4条)のように,法の下の平等や基本的人権の尊重を定めた憲法上疑問のある規定も含まれている。…

【譲位】より

…禅(ゆずり)を受けて皇位につくことを含める場合も多く,譲国ともいう。日本における皇位継承は,上古は天皇が没すると行われるのを常例としたが,645年大化改新に際し,皇極天皇が孝徳天皇に皇位を譲ってから,しだいに譲位が慣例化し,明治天皇まで87代中,56代の天皇が譲位受禅によって皇位についた(ほかに北朝に2例ある)。一方,平安時代の初めから皇位継承と即位の儀礼が分離し,清和天皇のとき制定された《貞観儀式》では,譲国儀と天皇即位儀が別個に規定された。…

【相続】より

…(1)地位の継承は時期により,また階層により異なった様相を見せている。まず奈良時代には,天皇の地位は嫡系継承(嫡子から嫡孫へ)が目指され,そのために間に何人かの中継ぎの女帝を挟みつつ,天武天皇の嫡系の子孫が奈良後期まで続く(皇位継承)。官人層については,継嗣令に明確に嫡系継承が規定されているが,それはもっぱら位階継承(蔭位(おんい))のためであって,中国流の祭祀相続・家長権を伴った実体としての〈〉の継承を意味するものではない。…

【天皇】より

…もちろんその根源も,前天皇としての権威に帰着するわけで,現天皇を東宮,上皇を事実上の天皇とみなす見解も行われたが,一面では上皇の専制君主化は,しばしば上皇を政争の当事者とし,ついには遠島配流の悲劇を招いて,皇位の超責任性すら危うくするに至った。また院政のもとで皇位継承が恣意的に行われ,上皇が続出すると,天皇と複数の上皇のうち,だれが〈治天の君〉となるかが問題となった。ことに持明院,大覚寺両皇統の対立が皇位の継承を複雑にすると,皇位と治天の君が分離し,それぞれ別個に定められ,継承される事態を招いた。…

【不改常典】より

…天智天皇の定めたという皇位継承にかかわる法のこと。〈改(かわ)るまじき常の典(のり)〉と読む。…

※「皇位継承」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

皇位継承の関連キーワードフランツ・フェルディナント壺切りの剣・壷切りの剣押坂彦人大兄皇子倭仮名在原系図草香幡梭姫皇女皇室典範と付則八口采女鮪女皇太子密建法山背大兄王宇津保物語木梨軽皇子後深草天皇八尺瓊勾玉文保の和談壺切りの剣三種の神器両統迭立平群木菟持明院統天津真浦

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

皇位継承の関連情報