秋芳鉱山(読み)しゅうほうこうざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋芳鉱山
しゅうほうこうざん

山口県中西部,美祢市中部にある住友大阪セメント石灰石鉱山。観光地として著名な秋吉台の西側に隣接し,付近はカルスト地形で大小多数のドリーネが発達している。地質は古生代の秋吉石灰岩層群に属し,石灰石は灰白色非晶質で品位(酸化カルシウム)55%。1964年開発に着工,1965年完成し出鉱。原石は粉砕したのち,山元から日本海側の仙崎港まで 17kmを長距離ベルトコンベヤで輸送し船積みしている。露天掘り階段採掘法が行なわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋芳鉱山の関連情報