コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋葉東叢 あきば とうそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋葉東叢 あきば-とうそう

1765-1837 江戸時代後期の地理学者。
明和2年生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)の人。東北地方の地図をつくり,文化4年「北遊記」をあらわす。晩年水戸の郷士となる。天保(てんぽう)8年死去。73歳。名は俊潤。字(あざな)は子徳。通称は友衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

秋葉東叢の関連キーワード地理学者