秋野平次郎(読み)あきの へいじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋野平次郎 あきの-へいじろう

1831-1893 幕末-明治時代の商人,公共事業家。
天保(てんぽう)2年3月19日生まれ。出羽(でわ)飽海(あくみ)郡(山形県)で米商と廻船問屋をいとなむ。明治16年荷物運搬人のために,私財を投じ主要道路に腰掛石九百余個を設置した。明治26年3月25日死去。63歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android